スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改憲派に告ぐ、9条改正はオトリ。本丸は緊急事態条項だ。

憲法改正(緊急事態条項)を許さない会




政治 ブログランキングへ

ブログやツイッターを読むと、右派・左派ともに

過半数の人たちが、勘違いをしている。

「憲法改正=9条改正」である、などと単純に考えているのだ。

勘違いも甚だしい。






「左派は9条改正を許さない、日本を戦争の出来る国にするな」と叫び、

一方の右派は
9条を改正出来るのだから、

憲法改正に大賛成で

自民党支持と無邪気に叫ぶ








右派・左派共に、あまりにも単純で、

憲法改正を、表層的にしか見ていない


政治家もマスコミも同罪である






特に、改憲派(右派)の方に、良く考えていただきい。

なぜ保守の重鎮(改憲派)である評論家の西尾幹二氏が、

「安倍内閣には憲法を改正して欲しくない」と発言したのか?







なぜ昔から、一貫して憲法9条の破棄を訴え続けて来た筆者が、


自民党の憲法改正草案に対して

死にもの狂いで反対
するのか?

答えは簡単である、憲法9条の改正は、

浅はかなニワカ保守を釣るためのオトリ
であり、

本丸が、緊急事態条項である事が解っているからだ。






緊急事態条項の内容を知ったら、


外国のスパイと狂人以外の保守派は、


全員、憲法改正に死にもの狂いで反対する
はずだ。








GHQに押し付けられた憲法以上に、

改正後に米国の

コントロール下(奴隷・隷属)に組み込まれる
ことが明白だ。



スポンサーサイト

緊急事態条項を許さない会を新設します

憲法改正(緊急事態条項)を許さない会




政治 ブログランキングへ



o0800046413637348265.jpg



参議院選挙が7月10日に迫っています。

参議院選挙の争点の一つが、憲法改正です。

しかし、マスコミも政治家も市民団体も、憲法改正を議論する際に、

9条改正の賛否しか主張しません。「憲法改正=9条改正」と考えている国民がほとんどなのです。

しかし現実は違います。憲法改正の最大の問題は、9条では無くて、緊急事態条項です。

この点を政治家もマスコミも一切、取り上げません。





先日のニコニコ党首討論会でも、憲法改正に反対する民進党の岡田代表と共産党の志位委員長が、

9条改正問題しか取り上げず、最重要問題である緊急事態条項には、一切触れませんでした。

この異常な光景に憤りを感じた方は、多かったのではないでしょうか?



政治家とマスコミが、緊急事態条項を取り上げない以上、せめて市民団体が取り上げて周知拡散すべきです。

しかしチャンネル桜もSEALDSも嫌韓団体も、緊急事態条項について一切、取り上げていません。

我々は、この右も左も沈黙する異常な言論空間に対して疑問を感じ、この会を設立しました。





「憲法改正(緊急事態条項)を許さない会」では、事実関係の周知拡散を活動の中心にして参ります。

緊急事態条項の異常性(ありのままの事実)を知る。

それだけで超・弩級の売国を阻止する事は十分に可能です。

なぜならば、緊急事態条項の異常性(ありのままの事実)を知った国民は、怒りのあまり、

必ず自発的に抗議の声を上げるようになるからです。





安倍内閣は、TPP、移民、国家戦略特区・・・など米国の権力者から命令されるがままに、

狂気の売国を続けています。

またマスコミが安倍内閣の売国の正体を一切、報道しない現状では、

我々一般の庶民しか真実を追及し、社会を正す集団が残されていないのです。

世のため、人のため、お国のために抗議の声を上げるのでは無く、自分自身のために超売国の真実を

周囲に拡散してください。自分を守るためには、家族と職場と地域社会を守らなければなりません。




全国の心ある方が、自分の住む地域社会を守るために声を上げる事こそが、国全体を守る事につながります。

時間がありません。今すぐに、できる事を行いましょう。

もはや右派と左派で足の引っ張り合いをする時間は、1秒もありません。

                                  沢村直樹
プロフィール

antifemajapan

Author:antifemajapan
緊急事態条項を許さない会 公式サイトです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。